トイレの交換と水漏れトラブル

トイレの交換と水漏れトラブル トイレで発生する水のトラブルは非常にポピュラーなものであり、詰まりや水漏れなどは頻発して起こります。場合によっては自分で問題を解決することができるため、自分で対処できるポイントについてや、業者を呼ぶ前にしておくと良い点について把握しておきましょう。まず、どのようなトラブルがあるのか知っておくことが大切です。

■トイレで発生するトラブルの内容

トイレは生活に欠かすことのできない必需品なのでよく使用するものですが、使用頻度が高い分、詰まりや水漏れが起こりやすくなっています。中でも水漏れのトラブルは頻発して起こります。水漏れが発生すると使用をすることができなくなるばかりか、汚水を含んでいる場合は衛生に保つことができなくなるなど大変な事態となります。
トイレから水漏れしていると慌ててしまい、どう対処してよいか分からなくなり、パニックになってしまうこともありますが、冷静に対処をする必要があります。焦ってしまうと評判があまり良くない業者を呼んでしまったり、原因がはっきりせず修理に時間がかかってしまうこともあるので注意をしなければなりません。落ち着いて現状を把握し原因を推測してから、業者に依頼をするようにしましょう。
水のトラブルの大半は放置していても直らないので、放置をすることは禁物です。なるべく早く自力で修繕をしたり業者を呼んで対処したりすることが求められます。特にマンションなどの場合は漏水して下の階に水が滴り落ちてしまい、床が水浸しになることもあります。このような事態を避けるためには、トイレの交換や修理をすることが大切です。

■自分でトラブルを解決する
トイレにおもちゃや物を落としてしまって詰まることもよくあります。また、トイレットペーパーを大量に流したりすると詰まってしまうので注意が必要です。トイレットペーパーや物を流して詰まると、漏水することも考えられます。トイレは日常生活で使うことが多い分、使用できない時間が長くなると不便さを強く感じるようになります。
自分でトイレのトラブルを直すこともできます。内容にもよりますが、温水洗浄便座の故障はノズルの交換だけだと30分ほどで修理することができます。家庭での普及率が70%と言われている温水洗浄便座は、使っている人は多いのですが、細かいパーツが多いのが特徴です。各接合部から水漏れが起こることもよくあります。しかし電気を使っている部分なので、不用意に修理しようとせず、専門の修理業者に連絡する方が望ましいです。
自分で直す方法としては、まず止水栓を閉めて電源プラグを抜きます。次にリモコンの電池を交換してみたりといろいろ試してみるとトラブルを解消するのに効果的です。ノズルを引き出してみても良いでしょう。ノズルお掃除等のノズルを引き出すボタンがあれば、そのボタンを押して掃除をするのが効果的です。まだ使ったことがないという人も、一度使ってみるとどのような使い勝手なのかも分かるので試してみましょう。

■業者選びの注意点

水トラブルで慌てて業者を呼ぶと、思わぬトラブルに遭遇することもあります。ネットの評判を見ていないため、悪徳業者に引っかかってしまい、対応が悪いというものもあります。そういった問題に遭遇しないよう、ネットの口コミなどもしっかりと確認しておきましょう。
すぐに駆けつけてくれる専門業者は、漏水や水のトラブルを解決してくれるので安心です。深夜や早朝に対応してくれる業者は重宝すること間違いなしです。

■まとめ
トイレの交換については自分で直すこともできますが、漏水する可能性もあるので業者に頼むのが良いでしょう。部品の交換であれば、道具や工具があれば交換することができます。しかし、正しい知識がない中で無理に修理や交換をしようとすると、かえって症状が悪化してしまうことも考えられます。評判の良い業者を探して依頼するのが一番早い解決方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース